ドメスティック・バイオレンス(DV)への対応

ドメスティック・バイオレンス(DV)への対応

ドメスティック・バイオレンスとは

配偶者の暴力によって、身体的・精神的・性的な被害を受けることです。

<身体的>

傷害や暴行に該当する違法な行為であり、夫婦であっても処罰の対象になります。
例)なぐる、ける、物で殴る、刃物などの凶器をからだにつきつける、
髪を引っ張る、首を絞める、引きずりまわす、物を投げる等

<精神的>

言動等により、相手の心を傷つけるもの。モラル・ハラスメント(モラハラ)とも言われます。精神的な暴力については、その結果、 PTSD(外傷後ストレス障害)に至るなど、傷害とみなされるほどの精神障害に至れば、刑法上の傷害罪として処罰されることもあります。相手を支配し、自分の思いどおりに操ることを目的としている場合が多いです。
例)大声でどなる 、「誰のおかげで生活できるんだ」などと言う 、無視をして精神的に追い詰める、実家や友人とつきあうのを制限したり、電話や手紙を細かくチェックしたりする 、何を言っても無視して口をきかない 、人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする 、大切にしているものをこわしたり、捨てたりする 、生活費を渡さない 、外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする 、子どもに危害を加えるといっておどす 、なぐるそぶりや、物をなげつけるふりをして、おどかす

<性的>

中絶を強要する嫌がっているのに性的行為を強要する避妊に協力しない
例)無理やりポルノビデオやポルノ雑誌をみせる 、無理やり性行為を強要する 、中絶を強要する 、避妊に非協力。

DVを受けたら、どうしたらいいか

第一優先に避難して下さい。証拠はなるべく保存してください。(写真、日記、診断書)
そして、公的機関に相談してください。(無料で相談にのってもらえますし、秘密がもれることはありません。)
配偶者暴力相談センター (http://www.gender.go.jp/e-vaw/index.htm)
2004年のDV防止法設置により各都道府県に1ヶ所以上婦人相談所の設置が義務づけられています。 シェルター施設への入所手配をしたり、相談に乗ってもらえます。また、緊急に助けが必要になったときは、市区町村の福祉課に相談をしてください。
・地方裁判所へ保護命令を申立てする。(婦人相談所にて相談してください。)
『接見禁止命令』『退去命令』