児童扶養手当支給の対象になる条件

児童扶養手当支給の対象になる条件

手当てを受けることのできる人は、次の条件にあてはまる18歳未満の児童(18歳になった最初の3月31日まで)を監護している母や、母に代わってその児童を養育する人です。
1.父母が離婚した後、父(母)と生計を同じくしていない児童
 2.父(母)が死亡した児童
 3.父(母)が重度の障害の状態にある児童
 4.父(母)の生死が明らかでない児童
 5.父(母)に1年以上遺棄されている児童
 6.父(母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
 7.母が婚姻によらないで懐胎した児童
 8.棄て子などで、母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

2012年04月09日 up / カテゴリ: その他