児童福祉手当について

児童福祉手当について

母子(父子)家庭の生活の安定と自立の促進を通して児童の福祉の増進を図ることを目的とする国の福祉制度です。(離婚、死別母子家庭、非婚母子家庭等)

「児童」とは18歳に達する日以後、最初の3月31日(18歳の年度末)までにある児童をいいます。ただし、心身におおむね中度以上の障害(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障害)がある場合は、20歳未満までとなります。受給者、児童ともに国籍は不問です。
各役所(市区町村)に認定をしてもらうための申請が必要です。

2012年04月09日 up / カテゴリ: その他