不貞の慰謝料を請求されたら・・・

不貞の慰謝料を請求されたら・・・

冷静に受け止め、慎重な対応が必要になります。
請求された場合には、まずご相談ください。

不倫相手の配偶者が、慰謝料を請求する法律的な根拠は、民法709条の不法行為に基づく損害賠償請求です。

民法709条

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

判例(最高裁昭和54年3月30日)

夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は,故意又は過失がある限り,右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか,両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず,他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し,その行為は違法性を帯び,右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。

慰謝料を払う必要があるのかを判断すべき大事なポイント

◆相手の婚姻関係は破綻していたか

不貞の関係にいたったときに、夫婦の婚姻関係が『すでに破たん』していれば、特段の事情がないかぎりは、賠償する損害がないため慰謝料を支払うべき不法行為となりません。
ただし、『すでに破たん』していたという事実は、慰謝料を請求された方がしなければなりません。

◆独身だと騙されていたか

相手が嘘をついて独身だと偽っていた、あるいは無理やり関係を求めてきた等の事実があるかどうか。

◆内容は事実かどうか

一方的な思い込みで請求をされることもありますので、内容をよく確認することも大事です。

◆不貞の証拠を相手は持っているかどうか

不貞の証拠の立証責任は、慰謝料を請求する側になります。証拠がなくても、こちらが事実を認めると立証の必要はなくなりますので、慎重な対応が必要です。

◆金額は妥当か

不貞が事実で相手が証拠を持っている場合でも、請求されたとおりの金額が妥当だとはかぎりません。請求する側も満額もらえるとは思っていませんので、場合によっては、金額の交渉が必要です。

◆支払う能力がない場合

減額や分割払いの交渉をすることも可能です。

◆相手は離婚するかどうか

相手が離婚しなくても慰謝料は請求されますが、一般的に相手が離婚する方が高くなる傾向にあります。