相手の不貞行為

相手の不貞行為

不貞行為とは、いわゆる浮気のことです。夫婦には貞操義務があり、それに違反する行為が「不貞行為」です。
他の異性との性交渉があったり、推測するに十分な状況が認められる場合です。ただし、夫婦の一方や不貞の相手が認めない場合は、証拠が必要です。
そのため、浮気の疑惑がある場合には、まず証拠を集めます。メールの保存や、ラブホテルの領収証の保存、相手の行動について日記をつけておく等の他、場合によっては探偵の活用も検討します。
風俗の場合は、たった1回の場合等では不貞行為とは認められません。何度話し合っても、風俗通いをやめない場合には、「重度な婚姻を継続しがたい事由」に該当すると判断され、離婚の請求は可能ですが、風俗嬢に慰謝料の請求はできません。出会いが風俗であったとしても、金銭が発生せず、通常の交際となっている場合は、慰謝料の請求も可能です。