慰謝料

慰謝料

離婚による慰謝料

慰謝料とは、相手の有責行為によって離婚をせざる得なくなった精神的損害に対する精神的賠償金です。
不倫浮気暴力行為などが主な原因になります。その他、生活費の不払い等婚姻上の義務違反にあたるものも含まれます。

お互いに同じくらい有責性がある場合や、相手方に有責行為がない場合には、慰謝料は認められません。双方に有責性がある場合には、有責性が大きい方から小さい方への支払いになります。単なる価値観の違いやなんとなく離婚したいという場合には、認められないケースがほとんどです。

不貞の慰謝料

本人が認めている場合を除き、不貞行為と認定するためには、客観的な証拠が必要です。
単に食事に行ったというメールやドライブだけでは、証拠としては不十分です。
不貞行為が証明できるだけの証拠が必要です。(具体的には、二人でラブホテルから出てきている写真、旅館でゆかたをきて腕を組んだりしてそれらしい雰囲気でいる、メールでの親密なやりとり等。)
ただし、不倫の相手方に請求する場合、配偶者が独身だと偽ったりして騙していた場合なとで相当な注意をしていたのにもかかわらず、婚姻していることを知らなかったなど、有責性が認められないときには、結果的に婚姻生活を壊したとしても故意や過失とはいえず、慰謝料は請求できません。
また、「婚姻関係がその当時すでに破たんしていたとき」は、特段の事情のないかぎり、不法行為責任を負わないものと解するのが相当であるされています。そのため、すでに夫婦関係がうまくいかなくなって別居をしているときに、不貞の証拠をとっても不十分です。

※民法上、不法行為に基づく損害賠償請求権は、原則として被害者等が損害と加害者を知ったときから3年間で時効により消滅するとされています。
そのため、離婚した後でも、離婚成立から3年以内だったら、慰謝料を請求することができます。逆を言えば、最後の浮気の事実を知った後、3年たってしまう慰謝料は請求することはできません

※まずはお気軽にご相談ください。