重大な継続不能事由

重大な継続不能事由

婚姻を継続しがたい重大な事由

離婚はやむを得ないと裁判官が判断をするものですが、夫婦の関係が修復不可能なまでに破綻している場合結婚生活を継続するのが難しい状況にあるときは、離婚原因として認められる傾向にあります。「重大な事由」は一つだけでなく、要因が重なって判断されることもあります。

悪意の遺棄に該当しない場合や生死不明が3年未満の場合でも『婚姻を継続しがたい重大な事由』として、離婚原因として認められることもあります。

事例

  • 性格の不一致
  • 生活費を渡さない
  • 浪費(借金)、定職に就かない
  • 3年未満の生死不明
  • 犯罪で服役
  • 家庭を顧みず、愛人、浮気相手の家から帰ってこない
  • 実家から帰ってこない
  • 暴力を振るう、侮辱する
  • 愛情がない
  • セックスレス、性的な不満
  • 性的異常、同性愛、性交不能
  • 同居や双方の家族との不和
  • 宗教や信仰の対立
  • その他の事情