面接交渉権

面接交渉権

面接交渉とは、別居や離婚後に親権・監護権を持たない夫婦の一方が子どもと面会をしたり、一緒に時間を過ごしたりすることで、その権利を面接交渉権といいます。
夫婦で協議をして、具体的に取り決めをします。

  • 月に何回、何時間、何日、宿泊してよいのか
  • 会う場所・日時はどうするのか、誰が決めるのか
  • 変更する場合はどうするか
  • 学校の行事への参加はどうするのか
  • 電話や手紙のやり取りを認めるのか
  • どんな会わせ方をするのか、子どもの受け渡しの方法
  • 子どもの意思の尊重について
  • 連絡方法

※合わせてもらえない場合には、家庭裁判所面接交渉の調停の申立てをします。
※基本的には『子の福祉』に重点をおいて決められますので、面接が子に悪影響を与える場合や子どもの意思に反する場合には、面接交渉面は制限されます。

※まずはお気軽にご相談ください。