離婚を切り出されたが、離婚をしたくない方

離婚を切り出されたが、離婚をしたくない方

協議離婚であれば、離婚届に署名押印することにより、離婚は成立してしまいます。
ただし、相手方も調停や裁判で法的離婚理由なく、離婚を請求することはできません。

相手の本心を見極める

相手が心底やり直す気がないのか、あるいは自分に非がある場合には、それを改めることにより、やり直しができるのか、見極めをする必要があります。
他の異性に心を奪われていて、そちらの異性と人生を進めたいと考えているのか、相手の気を引きたいがために、離婚する気はないのに『離婚する!』とケンカのたびに言いだすのか、そもそも結婚すること自体向いていない一人で生きていきたいタイプなのか、相手の本心を冷静に読み取ることが大事です。

法的離婚理由はあるか?

夫婦のうちの一方だけが離婚をしたくて、もう一方は離婚をしたくない場合、家庭裁判所の調停(調停離婚)や裁判(裁判離婚)で離婚を請求することになります。
調停や裁判で離婚を請求する場合には、民法で定められた法的離婚原因がなければ離婚できません。『理由もないのに別れたい』とは請求できないのです。

ただし、別居期間が相当長いこと、小さな子どもがいないこと、相手が社会的、精神的、経済的に過酷な状況におかれないことなどを要件として、有責配偶者からの離婚請求が認められるケースも例外的にあります

法的離婚原因には、
相手の不貞行為
生死不明
悪意の遺棄
重度の精神病
重度な継続不能事由
があります。

慰謝料で解決する

自分に法定離婚理由がないにもかかわらず、相手方から離婚を切り出されている場合には、離婚に同意しなければならない義務はありません。(前述のとおり、別居が長くなる等で離婚が認められる場合も例外的にはあります。)

とは言っても、夫婦関係が実際に破たんしているのに、現実から目を背け続けるのも精神的には厳しいのではないでしょうか?
双方が納得する手段として、『慰謝料で解決をする』という考え方があります。
この場合の解決金としての慰謝料は、不貞や婚姻費用、養育費と異なり、相場というものは特にありません。文字通り、『慰謝』、つまり心が慰められて、次のステップへ進めるだけの金額を話し合うべきです。
ここで離婚への決意がつけば、その他の離婚条件の話し合いとなります。

お互いに反省しやり直す

お互いが意地をはってしまったしまったばかりに、後戻りができなくなっている場合もあります。素直な気持ちを手紙で伝えることによって、解決できることもあります

※家庭裁判所に「夫婦関係調整調停を申立て」をするという選択肢もあります。この調停は、離婚を前提としているわけではなく、夫婦関係の修復を目的としているものです。

※話し合いをしている最中に、相手に勝手に離婚届を出されてしまう心配がある場合には、「離婚届の不受理の申立て」をしておきます。

修復に向けてのカウンセリングをご活用ください

カウンセリングを受けることで、今まで見えていなかった相手の気持ちやご自身の本当の気持ちが整理できるかもしれません。離婚をすることで後悔しないためにも、客観的なアドバイスをさせていただきます。

※まずはお気軽にご相談ください。