生死不明

生死不明

配偶者の生死が3年以上明らかでないときは、生存を最後に確認できたとき(電話があった、家を出て行った等)から、3年を経過すれば、離婚の請求をすることができます
※家庭裁判所に調停をしないですぐに地方裁判所へ訴訟を起こすことも可能です。
※生死不明になった理由や過失は問われません
客観的に生死不明の状況が3年以上あるという条件が必要です。(生きていることはわかるが、所在が判明しない場合は該当しません。)
後から生存が確認されても、婚姻関係が復活しません。⇔失踪宣言による離婚

失踪宣告

原則として、7年以上生死不明の状態のときは、請求ができます。
ただし、戦争や船舶の沈没その他の危機等で行方不明になった場合には、1年以上生死不明であれば、請求が可能です。
生存が確認できると婚姻関係は復活しますので、重婚等のトラブルが予想される場合には、悪意の遺棄(悪意が必要です)や3年以上の生死不明を原因とする請求も検討されてください。